各国の
高速鉄道の特徴

世界の高速鉄道

各地を高速でつなぐことは、大きな意味を持ってきます。人間を運ぶという意味では、高速鉄道網が発達していくだけでも、大きな経済効果を生むことになるでしょう。日本の新幹線を例として考えていくと、新幹線があることによって、各地に日帰りができるようになっていきます。飛行場は都市部内に開設するのが難しいことを考えると、鉄道の利便性も見えてくるようになるのです。

高速鉄道は、今では世界のさまざまな地域で使われるようになりました。日本では新幹線が有名ですが、世界の高速鉄道のスタートとなったのは、あまり知られていないところでしょう。他の地域でもさまざまな高速鉄道が運用されていますが、いろいろとその国ごとの特長が生かされていることは間違いありません。

日本は細長い国土を生かした高速鉄道であり、できるだけカーブを少なくして速度を稼ぐ方法を採りました。他の国でもいろいろな考え方の中で設計が進んでいったのです。ところが、土台となる基礎がうまくいかなかったり、車両に対する信頼性の低さからとん挫したりするといったことも起きていきます。高速鉄道を開通することが大きな意義があったとしても、実は200km以上の速度で運用することは、大変難しいことでもあるのです。

世界にはいろいろな高速鉄道が存在しており、違いもいろいろとあります。価格によって導入されなかった例も含め、違いを見てみると、その国の事情も分かるようになるでしょう。


▼ 管理人おすすめリンク ▼
新幹線に乗車するためのチケットは、金券ショップで手軽に買うことができます。事前に購入するとお得になるので、ぜひ利用してみてください ≫ 新幹線